BOSTY(ボスティ)でお尻マイナス5㎝に!~実際のトレーニング法を大公開します~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんな人が記事を書いてます

Youtuberちな
ダイエットインストラクター兼Youtuber ちな
女性らしい美ボディを手に入れるため、パーソナルジムにてボディメイクに挑戦。また独学でダイエットインストラクターの資格を取得。Youtuberとしても活動中。

私は、BOSTY(ボスティ)でヒップサイズをマイナス5cmの小尻に、そして上向きの形へとボディメイクすることに成功しました!

今回は、実際にBOSTY(ボスティ)で行っていたヒップアップに効果的なトレーニングを、当時教えていただいたポイントややり方、回数を交えながら、解説していきたいと思います!

まず始めはこちらです!

カウンセリングの空き状況を確認する

クラムシェル

クラムシェルは、お尻の外側上部を鍛えるトレーニングです。

BOSTY(ボスティ)でのトレーニングでは、クラムシェルをウォーミングアップ代わりに必ず行っていました。

【やり方】

①横向きに寝て、片肘をつく
②両膝を90度に曲げる
③左右のかかとを付けたまま、片膝を上に大きく開く

【回数】

左右15回×3セット~4セット

ポイント

■限界まで足を大きく開き、お尻の収縮を感じる
■足は完全に閉じずに両膝が当たらないように気をつける

Youtuberちな
Youtuberちな

BOSTY(ボスティ)では、レジスタンスバンドを装着して負荷を高めながら行いました!
色によって強度が違うので、慣れてきたら強い負荷で行うと更にキツイ!!

ヒップスラスト

ヒップスラストは、大臀筋を鍛えるトレーニングで、お尻を重点的に鍛えることができます。

しかし、やり方を間違えると足が太くなってしまう可能性もあるようので、気を付けてくださいね。

BOSTY(ボスティ)では、ウェイトを付けたバーベルを使ってトレーニングをしましたが、ダンベルを使ったり、ウェイトがなくてもお尻の収縮を感じられるのでオススメです!

【やり方】

①ベンチに背中を付けて足を肩幅に開き床に座る
②下腹、足の付根あたりにバーベルを置く
③お尻をしっかり収縮させるようにバーベルを持ち上げる
④負荷を感じながらゆっくり戻す

【回数】

12回×3セット(慣れてきたらウェイトを変えて頑張りましょう!)

ポイント

■お尻の収縮を意識する
■太ももの力でバーベルを持ち上げない
■かかとは床から離さない

Youtuberちな
Youtuberちな

BOSTY(ボスティ)でのトレーニングでは、通常肩幅に足を開いた状態で行いましたが、足にレジスタンスバンドを付けたり、足を閉じた状態でバーベルを持ち上げるなど、負荷を変えながら行いました!

バックキック

お尻の筋肉を鍛えるだけでなく、体幹も鍛えることができるバックキックというトレーニング。

その名の通り、足を後ろに蹴るような体勢で大臀筋を鍛えます!

【やり方】

①四つん這いになり肩幅に両手足を開く
②片足を膝を伸ばしながら後ろに蹴り上げる
③戻すときは膝が床につかないギリギリまで下ろす

【回数】

左右15回×3セット

Youtuberちな
Youtuberちな

もちろん、これもレジスタンスバンドを付けて行いました!
上の画像のように、膝にレジスタンスバンドを付けて片膝でバンドを押さえながら蹴り上げます!

BOSTY(ボスティ)でお世話になったレジスタンスバンドって?

BOSTY(ボスティ)のトレーニングで必ずと言っていいほど使っていたレジスタンスバンド

輪っか状のゴムチューブを、基本的に足に装着して負荷を与えながらトレーニングできるアイテムです。

https://amzn.to/2JNk6M1
Youtuberちな
Youtuberちな

これ1つで効果的にトレーニングできるのでおすすめ!
ネットでも1,000円以下で手に入るので、興味ある方は是非お試しください!

BOSTYでマイナス5cmのヒップアップに成功!

私は、BOSTY(ボスティ)で腹筋はもちろんのこと、お尻のトレーニングをメインに行っていただきました。

1度垂れてしまったお尻を引き上げることなんて本当にできるの!?

と思っていましたが、16回のトレーニングで確実にお尻は上向きになり、サイズもマイナス5cmに。

タイトスカートやスキニーもスルッと履けるようになり、周りから褒められるほど形も変われたので大満足です!

ただ、一見簡単そうなお尻のトレーニングですが、フォームや力を入れるポイントなどは本当に難しかったです。

トレーナーさんに、都度都度フォームを調整していただきながらトレーニングしてもらったので、脚が太くならず仕上がりました。

もし、ご自身でトレーニングされる方は、下半身の付いてほしくないところに筋肉が付かないよう注意して行ってくださいね♪

カウンセリングの空き状況を確認する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。